勃起不全で悩む男性と色々な治療薬
当サイトについて

EDの治療薬として最初に登場したバイアグラは世界中の男性に人気があります。その後、レビトラやシアリスなど商品が発売されてジェネリックを含めると多くのED治療薬が存在しています。そこでバイアグラを始めED治療薬について情報発信していくので興味がある方は是非ご覧ください。

世界で最も愛好者が多いといわれるED治療薬であるバイアグラはもともとは狭心症などの心臓の薬として使用されていました。その時に副作用として現れたのが男性の勃起作用でした。この作用に着目してED治療薬として開発したのがアメリカのファイザー製薬です。

薬を患者に渡す様子1998年の発売当初から大きな反響を呼び世界中で認可、販売されるようになりました。日本の認可は世界的には少し遅かったので個人輸入で入手する人が出るほど人気のある薬でした。まもなく日本でも正式に認可され、病院でのED治療も進歩し、使用法に関して詳しい説明書を添付することで極端な副作用も抑えることができるようになりました。

EDは本人やパートナーに取って大きな悩みです。バイアグラはこの悩みに光明を与えたといっても過言ではありません。いまでは日本国内でも正しい使用法や作用に対する知識も浸透してきて、愛好家はますます増えています。

バイアグラの効果作用

錠剤バイアグラが開発される前までのED改善対策は栄養的な効果で男性ホルモンを活性化し、勃起を促すものでした。しかし、これらの対策には効果が緩慢で効果が現れる時期が全く読めないという欠点がありました。バイアグラはこのような緩慢な作用を目的としたものではありません。バイアグラを飲んでしばらくすれば一時的に勃起能力が回復する、非常に即効性の高い薬品です。

バイアグラは商品名で含まれている成分の名前をクエン酸シルデナフィルといいます。バイアグラの効果の素になっている成分はシルデナフィルで、男性の勃起システムそのものに働きかけてEDを改善します。シルデナフィル自体は現在も心臓の治療薬として使用され、心臓の治療薬として新たな開発も進められている成分です。

バイアグラはシルデナフィルが血管拡張にかかわる酵素の働きに着目して画期的な効果をあらわす薬です。

そもそもEDのメカニズムは?何でバイアグラが効くの?

男性は脳で感覚的な性的刺激を受けたり、性器そのものに物理的な刺激を受けると脳が海綿体の平滑筋という筋肉に一酸化窒素を放出するように指令を出します。海綿体の平滑筋の中で一酸化窒素が放出されると海綿体の血管が拡張します。その結果、海綿体の中へ大量の血液が勢いよく流れこんで海綿体の空洞部分が血液で満たされます。ゴムホースに急激に水を流したときに起きる現象とよく似た感覚です。勃起は海綿体が血液で満たされたときに起きる生理現象です。

この作用を活性化するために働く酵素がcGMPです。cGMPは血管拡張物質と呼ばれます。しかし、血管拡張が一方的に進みすぎると血圧が極端に低下してしまいます。そこでcGMPの働きを抑える成分物質も同時に分泌されます。それがPDE5です。健康な場合にはcGMPとPDE5が絶妙なバランスを取りあって必要な場面で勃起が起きます。

ところが、ストレスを抱えていたり、体力が弱っていたり、男性ホルモンが不足していたりするとPDE5が優勢になって勃起能力が衰えてしまいます。勃起能力が衰えた状態がEDです。バイアグラはPDE5の働きを抑えて勃起能力をよみがえらせます。この働きがあるためバイアグラは「PDE5阻害薬」とも呼ばれます。

以前の栄養面でのED改善策では、何カ月、時には何年もの期間が必要で、なおかつ必ず治るという確信も持てませんでした。バイアグラなら服用してから30分から1時間ぐらいで効果が現れます。即効性はバイアグラの大きな魅力です。

また、EDの原因として生活習慣などが考えられます。EDの根本的な改善は生活習慣や食習慣の改善が必要です。それは、長い時間を要することでもあります。PDE5阻害薬であるシルデナフィルはそのような努力がなくても、必要な時に一時的にEDを改善してくれます。

それにも増してバイアグラがもつ大きな魅力は、性的な刺激が効果の起点になるということです。パートナーから性的な刺激を受けて勃起が起ききるという、とても自然な現象をよみがえらせてくれるのがシルデナフィルです。

本人が性的刺激だと感じない時には服用していても勃起しません。例えば、何か大きな悩みを抱えていて愛や恋どころではない時にヌード写真を見ても性的な刺激にはなりません。それどころか単に煩わしいだけかもしれません。本人が性行為をしたいと思っていないときにはバイアグラは効果を発揮することができません。バイアグラは自発的にEDを改善したいと思っている人に効果があるということです。

バイアグラの服用方法

バイアグラ正しいの服用方法としては、適度な量を性行為の1時間前でなおかつ空腹時がよいということがよく知られています。

適量には個人差があります。現在日本で販売されているバイアグラは、1錠当たり25mgと50mgの2種類です。最初に25mgを試して効果が見られないようなら50mgを試してみましょう。海外では100mgの錠剤も販売されていますが、日本人の体格では100mgは多すぎるとの見解で100mgの錠剤は認可されていません。
また、バイアグラは多く飲めば効果が高まるというものではありません。いくら血管拡張効果があるといっても、その人の血管の拡張範囲以上は拡張のしようもないのです。現在日本人の血管の拡張範囲を最大限に広げるのには25mgから50mgが適量であるという判断がされています。過剰摂取は効果がないばかりではなく多くの副作用を招きかねません。また、コスト面でも無駄遣いになってしまいます。

時間的にはバイアグラは服用後30分ぐらいで効果が現れるといわれています。効果が最も高くなるのがその30分後、すなわち服用後1時間ぐらいになります。この時に性行為をするとEDが解消している可能性が最も高いということです。バイアグラの効果がピークを迎えて3,4時間後には効果がなくなってしまいます。

また、バイアグラの服用が空腹時がよいというのは、有効成分であるといわれる理由はシルデナフィルの吸収率にあります。シルデナフィルは口から摂取されると、食道や胃などの消化器官を経由して小腸へ届きます。そして小腸から血液中に溶け込んで作用します。

もし、食後にバイアグラを服用した場合には、シルデナフィルが小腸からスムーズに血液中に溶け込めません。というのも、腸壁に付着した脂肪分がシルデナフィルが吸収されるのを妨害してしまうからです。シルデナフィルの吸収が遅れると同時に他の老廃物に混入されて排出されてしまう可能性があります。バイアグラはできるだけ消化器官が空で腸壁がきれいな状態のときに服用した方が効率よく吸収され、効果も上がりやすいというわけです。

例えば就寝時間が24時なら、23時ごろにバイアグラを服用したいわけです。夕食を18~20時ごろに済ませておけば23時ごろにはちょうど空腹になるということになります。脂っこい食事をした場合、脂肪分が腸壁から取れるまでには6,7時間かかるといわれています。夕食はできるだけ脂肪分の少ない献立にすることをお勧めします。

どうしても、食事を早く済ませることができない場合には、食前に服用しておいてその後食事をすることも考えられます。この場合には、脂肪分の少ない軽い食事を手早く済ませるようにしましょう。服用後30分もすれば効果が現れ始めますから、食事で長時間つぶしてしまうと効果がピークに差し掛かるタイミングを逃しかねません。バイアグラを利用するときには少し段取りを考える必要があります。

女性はバイアグラを服用することができる?

疑問に思う女性バイアグラは有効成分のシルデナフィルが男性の勃起システムに働きかけることでEDを改善しようとする薬です。女性には海綿体そのものがないので、バイアグラは働きかける目標がありません。それなら、女性にはバイアグラは意味のないものだと思いがちですが、あながちそうと断言することもできないようです。

実はバイアグラの女性への効果に関しては、効果ありとする説と効果なしとする二つの説があります。シルデナフィルが女性の不感症を改善するという意見と、改善効果がないという意見です。

シルデナフィルは別名をPDE5阻害薬といいます。PDE5はcGMPの血管拡張作用を抑制する酵素です。女性の体内でもこの二つの酵素が働いていることが分かっています。つまり、血管の拡張という意味ではシルデナフィルは女性の体内でも十分作用するということです。

効果ありとする説となしとする説で共通するのは女性もバイアグラを服用すると血管を拡張し血流量を増やす効果があるということです。そしてクリトリスに血液が流れ込むというとことです。クリトリスは男性の海綿体と似た性質を持っていて血液が充満すると固まります。ここまでは両者の意見が一致することです。

意見が分かれるのはこの後です。一方の意見はクリトリスに血液が流れ込むことと性的な興奮は直接結びつかないので、シルデナフィルによって女性の性欲が高まることはない。したがって不感症が改善することもないとする考えです。

男性への効果の説明でもバイアグラは性的な興奮を起こすものではなく、あくまで海綿体の血流量を増やすことで勃起を起こすということが記されています。女性の場合も同じく性的興奮を呼ぶものではないということをしっかり報告する実験結果もあります。

もう一方はクリトリスへの血液流入が女性の性的興奮につながり、結果的に不干渉の改善につながるという意見です。

一般的に血流量が増えればその部分の機能が活性化します。性器の血流量が増えれば性器の機能が充実するのは容易に想像がつくことです。この一般的な現象が女性の性的興奮に直結して敏感になり、しかも潤いを増すことができるかどうかということは議論が大きく分かれるところです。

性的な興奮というものは非常に個人差の大きいものです。ある人には、何も感じられないものがある人には非常に大きな変化につながる可能性を誰も否定することはできないのです。

近年は女性用バイアグラともいえる薬品が開発されています。男性用と同じように性器の血流量を上げて女性の性的な興奮を起こしたり、性的に敏感にしようしたりとするものです。

女性の性的不感症の原因には痛みなどが原因になっていることも考えられます。ゼリーなど膣に潤いを持たせるものを併用しながら不感症改善の手立てを立ててみることで効果が得られることもあります。いずれにしても、女性が積極的に性生活を充実させたいという希望をもっていることがポイントになります。

バイアグラを服用する前に注意すること

バイアグラを飲む前に、まずは自分の体調を見極めましょう。バイアグラは血管を拡張して血流を盛んにしようとするものです。普段よりも疲れやすい、普段普通に上っている階段が苦痛になるといった体調の時には、体調が回復するまで待った方がよさそうです。極端に疲れている時や体調が思わしくない時には勃起しにくいのが当たり前です。バイアグラの問題というよりは、その体調で性行為をすることに問題があると考えるべきです。

また、バイアグラには併用してはいけない薬品が多くあります。もし、何らかの薬を服用するときには念入りにチェックしなければなりません。

背骨に問題がある人

頸椎、腰椎など背骨に問題を抱えているとバイアグラの効果が発揮できません。背骨の中にある脊髄には脳の指令を性器に届ける神経が通っています。この部分に不具合があると脳で感じた性的刺激が性器に届かないので勃起することが困難になります。バイアグラも効果を発揮しようがありません。背骨や脊髄を健康に保つためには適度な運動や正しい姿勢を心がけることが大切です。

動脈硬化や太った人

同じようにバイアグラの効果を帳消しにしてしまうことがあります。動脈硬化の場合、血管拡張効果を発揮したくても、血管自体が硬くなっていて拡がらないのです。動脈硬化の原因といえば脂肪の摂り過ぎがよく知られていますが、糖分の摂りすぎも動脈硬化の原因になります。多すぎる糖分は血管に吸収された後血管のたんぱく質を劣化させる作用があります。

過剰な脂肪分は血管だけではなく脂肪の膜をつくって腸壁に張り付いてしまいます。するとバイアグラの有効成分はうまく血液に溶け込むことができません。吸収されなかった有効成分シルデナフィルは血管の中で他の老廃物混ざって体外に排出されてしまいます。シルデナフィルの効果を十分に堪能したいなら、バランスのいい食事をして体内に糖分や脂肪分を貯め込まない努力をしたければなりません。

精液が不足の人

バイアグラは保険適用外の薬です。せっかくのバイアグラを無駄にしてしまうのはとても残念なことです。
シルデナフィルの効果を半減させてしまう原因として精液の不足があります。性行為の間隔が短い場合には精液が十分に貯蔵されていない時期も出てきます。その時期には性欲そのものが衰えています。こんな時にはバイアグラも十分には効きづらくなっています。

バイアグラはきちんと服用量を守ること

もともとバイアグラは一日一錠と定められた薬です。どんな薬剤でも腎臓や肝臓に多かれ少なかれ負担をかけます。バイアグラも例外ではありません。バイアグラの場合には一日一錠が適量と定められています。そして、精液のたまり具合に関しても24時間の間隔を守って使用した方が効果的であると考えられます。精液の貯まり具合は個人差が非常に大きいので本人が意識して使用間隔を調整するとバイアグラを効果的に使用することができます。

バイアグラとお酒には注意

気を付けたいのが、シルデナフィルとお酒の併用です。お酒は皮膚感覚を鈍感にする作用があります。できることならお酒は飲まないほうが効果的です。

バイアグラさえあれば安心とばかりに不摂生を続けたり過労状態を放置していては、せっかくの効果を満喫できなくなってしまいます。バイアグラをつかって充実した性生活を味わうためには健康に十分留意することが肝心です。

おすすめ記事