勃起不全で悩む男性と色々な治療薬
当サイトについて

EDの治療薬として最初に登場したバイアグラは世界中の男性に人気があります。その後、レビトラやシアリスなど商品が発売されてジェネリックを含めると多くのED治療薬が存在しています。そこでバイアグラを始めED治療薬について情報発信していくので興味がある方は是非ご覧ください。

バイアグラの購入方法について(医師の処方・通販)

バイアグラの購入方法としては医師の処方と個人輸入などの通販という方法があります。バイアグラは世界初のED治療薬であり、その後に登場したED治療薬の中でももっとも人気があります。メリットとしては登場から20年近くが経ち、さまざまな問題について既によく知られていることや、またジェネリック医薬品の登場によってバイアグラの価格も下がっていることなどが挙げられます。

医師による処方

処方について説明する医師たちバイアグラは日本においては医師処方せん薬に指定されています。このため薬局などで気軽に購入できる薬というわけではなく泌尿器科やEDクリニックなどで診察を受けた上で処方をしてもらう必要があります。診察そのものは簡単なもので下半身を露出するといったことはありませんが、心臓や血圧異常などの病気を抱えている場合には処方されないケースもあります。これはバイアグラが血圧に対して影響する薬でもあるためで、そのような状態でバイアグラを服用すると重大な問題を起こす場合があります。
基本的にバイアグラは医師の診察を受けた上で処方してもらうのがベストですがED治療は自由診療ですので全額自己負担になります。バイアグラはジェネリックの登場によって価格が少し下がったといっても1錠あたり1300円前後が相場です。ジェネリックでも1000円前後ですから薬代の負担が大きいものです。

個人輸入

病院の処方では経済的負担が多い一方で、海外で生産されている安価なバイアグラを個人輸入で手に入れる人も多くいます。この場合には代行業者に依頼して行うのが一般的で通販サイトのように簡単に購入することが可能で送料を入れても国内のクリニックで手に入れるよりも安価です。ただ海外からの個人輸入では偽物が送られてくるリスクがあります。代行業者も現地の販売ルートから購入して日本に送付するだけなので、それが正規品なのか偽物なのかの分析は行っていないところがほとんどであるためです。このため正規品のバイアグラを手に入れるのであれば泌尿器科やEDクリニックでの処方を受けるのがベターな選択です。

バイアグラの処方について

バイアグラをクリニックで購入するためには診察を受ける必要があります。基本的に診察で問題がなければバイアグラが処方されますが、診察そのものは問診が中心で触診などは行われないのが一般的です。バイアグラでもっとも注意しなければならないのが、併用禁忌と健康状態です。

バイアグラの主成分であるはシルデナフィルはもともとは降圧剤として開発された成分であり作用としては血圧を下げます。このため心臓病などの治療で降圧剤を使用していると相乗して重大な問題を起こすことがわかっており、そのような患者にはバイアグラは処方されません。また血圧を管理しなければならないような健康状態の場合にも注意が必要ですし、他の薬と同様に重度の肝機能障害があると肝臓への負担が大きくなるため利用できません。またバイアグラそのものに対してアレルギー反応が出る場合もあり、その場合には使用を中止する必要があります。また直近6ヶ月で脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を起こした人や、網膜色素変性症である場合なども処方されません。
いずれにしてもバイアグラが処方される人は健康で体力が充実しており、性欲があるにもかかわらずペニスの勃起が起こらないような人が対象になります。

バイアグラが処方されるまでの一般的なEDクリニックでの流れとしては、受付をして問診票に記入します。この問診票に治療中の病気や薬などを記入しなければなりませんから、そのような場合には正確に記入できるように予め調べておくことがポイントです。診察では問診票をもとに医師が問題がないか判断し、またEDの治療方法を提案してくれます。EDクリニックであればED治療薬が処方されますが、ED治療薬にもいくつかの種類があります。このためバイアグラを希望する場合にはその旨を伝えればバイアグラを処方してくれます。所要時間ははやくて10分程度ですし、EDクリニックであれば1錠からでも処方してくれます。

ただ医師の診察を受けての処方ですから何らかの問題がある場合には処方されないのがクリニックで購入するデメリットです。