勃起不全で悩む男性と色々な治療薬
当サイトについて

EDの治療薬として最初に登場したバイアグラは世界中の男性に人気があります。その後、レビトラやシアリスなど商品が発売されてジェネリックを含めると多くのED治療薬が存在しています。そこでバイアグラを始めED治療薬について情報発信していくので興味がある方は是非ご覧ください。

バイアグラジェネリックのカマグラゴールドとは?

カマグラゴールド50mg世界で最初に誕生したED治療薬「バイアグラ」には、ジェネリック薬が存在している事をご存じでしょうか?「カマグラゴールド」はバイアグラのジェネリック薬の1つです。バイアグラと同じ「シルデナフィル」という有効成分が配合されています。

シルデナフィルはEDを引き起こす、PDE-5という酵素を阻害する働きがあり、服用する事によって男性器の勃起をサポートするのが特徴の成分です。バイアグラと同じ有効成分を配合しているカマグラゴールドも、同様の勃起補助効果を発揮します。服用してから約1時間程度で効果が現れ始め、約6時間程度効果が持続するED治療薬です。

カマグラゴールドの服用方法

空腹時にやや多めの水かぬるま湯で服用すると、より効果を実感しやすいと言われています。国内のクリニックで治療として処方されるバイアグラは、有効成分シルデナフィルの最大量は50mgです。一方、カマグラゴールドに含まれるシルデナフィルの最大量は、100mgとなっています。バイアグラの倍の有効成分を摂取できるという事もあり、個人差はありますがカマグラゴールドの方が効き目があると感じる方も少なくないようです。

カマグラゴールドは食事に影響を受けやすい薬なので、より効果を実感したいのであれば空腹時の服用をおすすめします。食後に服用するのであれば、最低でも3時間程度の時間を空けましょう。また、脂質の多い食事をしてしまうと、有効成分の吸収率が落ちてしまい思ったような効果を得られません。カマグラゴールドを試す時は食事の時間だけでなく、食事の内容にも気を配る必要があります。

カマグラゴールドは様々な種類がある

カマグラゴールドは1回につき1錠の錠剤を服用するタイプです。他にもカマグラゼリーやチュアブルタイプ、発泡タイプなどタイプの違うカマグラがあります。形状が違うゼリーやチュアブルなどでも、カマグラゴールドと同じ有効成分が配合されているので、効果はしっかり現れます。錠剤を服用するのが苦手という方は、ゼリーやチュアブルタイプのものを選んでみても良いでしょう。

カマグラゴールドの副作用に注意

バイアグラと同じ有効成分を配合しており、しかもジェネリック薬品なので価格が安い「カマグラゴールド」は試しやすいED治療薬として人気です。ただし、カマグラゴールドも医薬品ですので、副作用が起こる場合もあります。どのような副作用が起こるのか、試してみる前に1度チェックしておいた方が良いでしょう。

カマグラゴールドで起こりやすい副作用としては、顔の火照り、鼻づまり、軽度な頭痛、軽い動悸といった症状が最も報告が多いと言われています。また体質などによっては鼻血、消化不良、胃痛、胸痛、頻脈、色覚異常なども出る事があるようです。副作用が出ると聞くと不安に感じてしまうかもしれませんが、薬の効果が切れれば症状も自然に消えて行くケースが多いと言われています。重篤な副作用は起こり難いので、安心して服用出来るでしょう。

しかし、持病があったり薬で治療を行っているという方の場合、カマグラゴールドの服用には注意が必要です。カマグラゴールドには併用禁忌薬というものがあり、併用してしまうと重篤な副作用を起こす可能性があります。併用禁忌薬としてはニトログリセリンや硝酸剤といった、狭心症の治療薬が挙げられます。狭心症の治療薬には内服薬だけでなく、貼り薬やスプレータイプもありますがどのタイプも併用する事は出来ません。

この他に不整脈の治療に用いられている薬も、カマグラゴールドの併用禁忌薬です。もし、狭心症や不整脈の治療で、日頃から薬を常用しているという場合はカマグラゴールドの服用は禁止です。また、他の持病がある方も場合によってはカマグラゴールドをはじめとする、ED治療薬の服用が禁止されているケースもあります。試してみたいという場合は、服用しても良いかどうか必ず医師に相談しましょう。