勃起不全で悩む男性と色々な治療薬
当サイトについて

EDの治療薬として最初に登場したバイアグラは世界中の男性に人気があります。その後、レビトラやシアリスなど商品が発売されてジェネリックを含めると多くのED治療薬が存在しています。そこでバイアグラを始めED治療薬について情報発信していくので興味がある方は是非ご覧ください。

EDに効果のある飲み物スティッフブルコーヒーとは

スティッフブルコーヒーはアメリカで販売されているインスタントコーヒーです。とても人気のある商品で、毎月20万人もの人が購入していて、その多くは男性です。スティッフブルとは頑丈な牛という意味で、性機能を改善するための天然ハーブが入っていることから男性機能増強製品として販売されています。

EDに効果があるとアメリカで大人気になり、コーヒーを飲むだけという手軽さもあり普及しました。このコーヒーに含まれているのは、マカやトンカットアリ、ガラナという男性ホルモンの分泌を促す働きのあるハーブです。

マカは精力増強として有名なハーブです。ペルー原産の植物の根にあたる部分で、豊富なミネラル成分が特徴です。トンカットアリはあまり聞きなれませんが、東南アジアで栽培されるハーブで、代謝の活性化と血管拡張という働きがあります。ガラナは南米のつる科の植物で、カフェインを多く含んでいます。どのハーブも栽培されている現地では、男性の性欲に対して効果があると古くから愛飲されてきました。現代にその伝統は受け継がれ、スティッフブルコーヒーに含まれています。

EDに悩んでいる男性にとって、病院に行きバイアグラを処方してもらうというのは抵抗を感じるものです。スティッフブルコーヒーなら飲むだけで自然な勃起を促すと宣伝することで、多くの男性の心を掴みました。バイアグラの効果は実証されていますが、どのようなものに対しても反応してしまうという状態です。コーヒーにハーブを混ぜることで、手軽に効果を感じられるだけでなく、自然な状態に導くという点が人気を集めました。

バイアグラにはめまい、顔のほてり、頭痛といった副作用があります。ハーブであればそのような副作用の心配もなくEDへの効果を発揮するという点も大いに宣伝されました。今まで心臓や血圧などの病気によりバイアグラを飲むことができなかった人に対しても、安全にEDを解消すると言われています。

スティッフブルコーヒーには副作用がない?

スティッフブルコーヒーはハーブの入ったコーヒーだから副作用はないと宣伝していました。しかし、アメリカの厚生労働省にあたるFDAは、スティッフブルコーヒーの成分と作用に対して警告を出しました。

FDAはこのコーヒーをテストしたのですが、その際にデスメチルカルボナフィルという成分を検出したためです。この成分はバイアグラの主成分であるシルデナフィルもとてもよく似た働きをします。ニトログリセリンなどの薬に含まれる成分と反応すると、危険な水準まで血圧が低下してしまうため、大変危険です。

製造元は、このテストは不良品に対して行われたもので、現在販売されている製品にデスメチルカルボナフィルは含まれていないため安全だと主張しています。けれども、デスメチルカルボナフィルが含まれたコーヒーを飲んでいたとすると、それはハーブの効果ではなく薬の成分によりEDへの効果が出ていたにすぎません。

さらに、スティッフブルコーヒーからは表示されていない牛乳の成分も検出されました。アレルギーを持つ人にとって、表示されていないものが含まれるというのは生命に関わることです。牛乳アレルギーを持つ人はたくさんいるので、とても危険だということが分かります。

スティッフブルコーヒーは日本ではまだ販売されていません。アメリカでは大きな人気と含まれている成分などで話題になった商品です。ハーブだけなら問題はありませんが、バイアグラというのは副作用がある薬なので医師の処方が必要になります。もし、似たような成分がコーヒーの中に入っていて、知らずに飲んでしまったために副作用が起きるということはとても危険なことです。日本では販売されていませんが、EDに効果があるというだけで安易に買わないようにしましょう。